用途やコストに応じて的確に使い分ける!最適なコピー用紙の選び方

コピー用紙と一口に言っても種類は色々

一般的にコピー専門用紙と呼ばれる用紙にも実は幾つか種類があり、その質や値段にもグレードが存在しているのを御存知でしたか?コピー用紙は大きく分けて非加工紙と加工紙に分類されます。前者は一般の書類コピーやプリントの用途に用いられ、その消費量も極めて大きくなっています。これらはグレードにより上質紙・普通紙・再生紙に細分されますが、水気を吸い易く湿気に弱いという弱点があります。ペンで直接記入し易いメリットも大きく、一部はメモ用紙としても活用可能です。また後者は光沢紙やマット紙を始め、紙自体の耐久性を増すと共にプリント後の見栄えを重視したタイプとなっており、写真や絵画といったアート系の印刷に大変適しています。

一般的な目的のプリントなら再生紙で十分

ミーティングの資料作りや会社内・プライベートにおける各種書類作成など、部外者以外へのプレゼンテーションを意識しない目的のプリントであれば、安価な再生紙で十分その目的を達する事が出来るでしょう。ただ前述の様にグレードの低い非加工のコピー用紙は水や湿気に弱く、十分に用紙を乾燥させないとプリントしたての文字や図が滲んでしまい易いデメリットも。乾きが早いレーザープリンタなら問題はありませんが、プライベートのインクジェットプリンタを利用する場合、プリント後の十分な用紙乾燥が必須です。ただ用紙が低コストな分ある程度のプリント失敗は許せる範囲でしょうか。

美しい画質で勝負したいアート系の印刷は是非加工紙で

新規ポスター案のプレゼンやプライベートでの撮影写真や絵画の出力・展示等、その画質で勝負を掛けたい場合、データの色彩を忠実に表現出来る専門の加工紙にプリントした方が明らかに有利です。ただ一般のオフィスに導入されているレーザープリンタの多くは加工紙のプリントには対応していないケースも多く、これを生業にして仕事をしてゆく場合、出来るだけハイグレードのインクジェットプリンタを導入するのが望ましいでしょう。一般のプリントと比較すれば用紙も含めコストの上昇は否めません。が、わざわざプリントだけを外注に出したり外部のプリンタを利用するといった手間を考えれば、有力な選択肢となる筈です。

コピー用紙とは、コピーをする際に用いられる紙のことをいうのです。サイズがA5やA4、B4など様々なものがあります。

迷った時は基本に返ってみる!スケジュール帳の選び方

サイズやデザインは豊富だがパターンは4つのみ

年末あるいは年度末となるとスケジュール帳が文房具店にはたくさん並びます。様々なデザインや機能性のものが並んでいて、果たして自分にはどのスタイルのスケジュール帳が合うのか迷ってしまうのではないでしょうか。見れば見るほど、わからなくなってしまいますよね。そもそも手帳の紙面は年間タイプと月間タイプ、週間タイプ、そしてデイリータイプの4つしかありません。あとはサイズとデザインが違うだけですから、わかりやすく考えるなら地図にたとえて考えるといいでしょう。

地図にたとえて考えてみる

人はどこかに出かけるときに地図を手にします。海外に行くのであれば、まずは世界地図を見て国を決め、次にその国の地図、さらにどの都市にいくかを決める際には町の地図を手に入れ、用途に応じて縮尺を変えてみていくでしょう。手帳も実はこの地図と同じで、自分の到達したい目標をまず明確にし、そこにたどり着くためのスケジュール帳を持てばいいのです。年間と月間では見えてくるものが違うというのを考えれば納得がいくでしょう。

スケージュールの基本はカレンダー

どういうタイプがあるのかがわかったものの、どれを手にするかは相変わらず悩ましい問題ですよね。そこで、迷った時には基本にかえるということです。スケジュールの基本とはカレンダーで、人が生まれて初めて意識をするのは手帳ではなくカレンダーでしょう。カレンダーは多くの人が初めて接するスケジュールツールであり、スケジュール帳もそれに合わせてマンスリーカレンダータイプをつかってみましょう。中でもA6の文庫本サイズでコンパクトながら、1日分の記入スペースが比較的大きいもの、そして今では月曜始まりが多くなりましたが、カレンダー通り日曜始まりになっているものを選ぶといいでしょう。

アスクルは、オフィス用品や食料品、工具や計測機器などの現場用品の通販サービスを提供しています。当日または、翌日に届くという業界内で最短とも言える短納期であることが特徴です。

研修を活用してできるビジネスマンになる方法

研修を積極的に受講して効果的にスキルアップ

各企業が提供する研修を積極的に活用して是非、効果的なマナーやスキルを見につけていきましょう。最近では多くの方が自分のスキルアップの為に、専門学校に通ったり、オンラインで授業を受けたりしながら効果的な自己啓発に努めています。最近では多くの会社で福利厚生の一環として様々な研修を提供しています。これらを積極的に活用して多くの学習を行う事で、自分や会社にとって大変有意義な相乗効果が発揮できます。是非、自分の興味のある分野を積極的に受講して見て下さい。

研修から多くを学ぶには

研修から多くの事を学んで、自分らしい素敵なキャリアを構築して見て下さい。研修ではその会社の実務担当が講師になったり、外部から専門家を招いて講師として自社の社員に直接指導したりします。研修はその時代やその業界で働く人間が必要とされる知識を体系的にまとめられているので大変便利で使いやすいです。特に新入社員は社会経験に乏しく多くの事をこれから学んで行かなければなりませんので、是非、会社が提供すうこれらの研修を精一杯活用してみてください。

研修で学んだことはきちんと会社に還元しましょう

研修で学んだ事はきちんと会社の業務で活かして、還元していきましょう。最近では、多くの方が会社の提供するプランで効果的にスキルアップを図っています。ここで学んだ知識を是非、会社に還元して、その会社の利益に大きく還元していきましょう。これからマネジメントを司る世代は特に、この点を強く意思して自分の業務にあたる事が重要です。自分の知識や経験を多くの若い世代に与える事で自分自身のプレセンスを高める事が極めて重要となります。

社員研修とは社員を育てるために行うもので研修を何日か受けることにより社員の能力が高まることが期待されます。

パソコン修理が必要となるような要因をチェック!

排熱が重要なテーマ!パソコンの熱による破損

パソコンは、高度な半導体技術によって作られた情報機器です。デリケートな精密機器であるため、あまりに手荒な扱いは故障の元です。もし故障してしまうとパソコンの修理を依頼しなくてはなりません。そこで、修理が必要な破損の原因を知っておいたほうがいいですね。パソコンの破損につながる原因には、熱があります。パソコンに使われている半導体は、熱に弱い性質を持っています。そのため、排熱を促すことで破損をできるだけ抑えられるでしょう。

強い衝撃にご注意!物理的にパソコンを破損させる要因

パソコンは、比較的大きな筐体を持っています。そのため、うっかり使用中にぶつけてしまうといった事もあるかもしれません。また、パソコンを移動させている際に、地面に落下させると、パソコン修理が必要になる可能性があるでしょう。パソコンの修理が必要な破損は、外からの強い衝撃によりもたらされることがよくあります。機器が物理的に破損してしまうケースや、外観は変化がなくとも内部の構造に破損が生じ、パソコンの修理が必要となるケースがあります。

水はご法度!パソコン修理の原因に多い水濡れ破損

パソコンに限らず、電気を利用して機能させる電子機器は、一般的に水に弱い性質を持っています。パソコンに水がかかると、故障してしまうことが考えられます。パソコンの修理では、パソコン本体に水をかけてしまった場合や、あるいはキーボードに水をこぼしてしまったという事例も多いですね。水は電子回路をショートさせたり、金属部分を腐食させて破損を招く可能性があります。もしパソコンに水がかかってしまったら、すぐに電源を切り乾燥させることが破損の予防策です。

素人が半端な知識で精密機械であるパソコンの修理を行えば、現状より更に酷い故障の原因になりかねません。