誰にでもチャンスがあるLINEスタンプ作りで大儲け

意外と簡単なLINEスタンプ作り

LINEスタンプの作り方は意外と簡単です。条件としては「必要な画像が40枚」ということだけです。パソコンに慣れた人であれば、パソコンやタブレットの描画ツールを使用して最初からデジタルデータで作ってしまうこともできます。パソコンが苦手な人でも、紙に書いてスキャナで取り込んでしまえば絵をそろえることができます。ただし画像フォーマットはPNGフォーマットであることと、画像サイズが最大370×320であることだけ気にしておく必要があります。

売れるLINEスタンプを作るには

せっかくLINEスタンプを作るなら、ひと儲けしたいと誰でも考えますよね。一体どうすれば、売れるスタンプができるのでしょうか。一番考えなければならないのは、「実用性があるかどうか」ではないでしょうか。絵をかいてみたもののいったいどんな気持ちになった時に送るのか意味不明なスタンプでは意味がありません。こんな時に送りたい画像をイメージして作ると良いと思います。何にせよ、自分で使いたいと思えるかどうかが大事ではないでしょうか。

リジェクトされない画像を投稿しよう

画像が出来上がったらLINEスタンプ審査にかかりますが、問題があるとリジェクトされてしまいます。リジェクトされない画像を作るにはどうすればよいのでしょうか。まずは、画像サイズが大きすぎないかどうか基本事項を確認しましょう。また、有名なキャラクターなどに似ていないか確認しましょう。似ていると著作権侵害になります。また、酒やたばこの助長する画像や、パチンコや競馬などの賭け事の画像、生き物の残虐画像などはリジェクト対象となりますので注意してくださいね。

LINEスタンプには様々な種類が存在しているので、気分やシーンなどに合わせて使い分けることができます。