もうそっけないとは言わせない!LINEスタンプの送りかた

状況を一番表現できるスタンプを選ぶ

たかがLINEスタンプ、されどLINEスタンプ。その場や会話の流れに合ったものを使用しなければ、相手に「適当に送っている」と思われてしまいます。そうならないためにも、会話の流れにきちんと沿ったスタンプを選ぶことが重要です。また、直接会って表情が見えているわけではありませんから、文章やスタンプだけの会話では感情がうまく伝わりません。そのため、少しオーバーなくらいのリアクションを表現したスタンプを選択すると、相手にも伝わりやすくなりますよ。

スタンプの中にも「文字」があるものを

スタンプで自分の感情を表現する簡単な方法として、文字の入ったスタンプを使用するということがあります。例えば、ただ笑っているクマのイラストだけではよくわかりませんが、そこに「うれしい!」や、「ありがとう!」という言葉が入るだけで、一気に感情が伝わるようになります。また、文字の入ったスタンプは、文章で表現するのが大変な時にも、一言で簡単に表現してくれるなど、とても便利です。スタンプショップでスタンプを選ぶときに、「文字」にも注目して選んでみると良いかもしれません。

可愛くて使いたいけどどんな風に使えば・・・?

スタンプで感情をうまく表現する方法として、文字の入ったスタンプを使う以外に、スタンプに続けて文章を送るという方法があります。笑っているクマのイラストだけのスタンプに、続けて「うれしいよ!」などの言葉を送ることで、スタンプから吹き出しが出ているようになって可愛らしいですし、感情もうまく伝えることができます。自分の好きなキャラクターだけど、どんな場面で使ったらいいのかわからない・・・というスタンプも、この方法を使えば、送ることができるようになるかもしれませんよ。

LINEのトークの時に、LINEスタンプを使うと賑やかで楽しくなります。文字ではなくスタンプで表現するので、トーク力に差が出ます。