用途やコストに応じて的確に使い分ける!最適なコピー用紙の選び方

コピー用紙と一口に言っても種類は色々

一般的にコピー専門用紙と呼ばれる用紙にも実は幾つか種類があり、その質や値段にもグレードが存在しているのを御存知でしたか?コピー用紙は大きく分けて非加工紙と加工紙に分類されます。前者は一般の書類コピーやプリントの用途に用いられ、その消費量も極めて大きくなっています。これらはグレードにより上質紙・普通紙・再生紙に細分されますが、水気を吸い易く湿気に弱いという弱点があります。ペンで直接記入し易いメリットも大きく、一部はメモ用紙としても活用可能です。また後者は光沢紙やマット紙を始め、紙自体の耐久性を増すと共にプリント後の見栄えを重視したタイプとなっており、写真や絵画といったアート系の印刷に大変適しています。

一般的な目的のプリントなら再生紙で十分

ミーティングの資料作りや会社内・プライベートにおける各種書類作成など、部外者以外へのプレゼンテーションを意識しない目的のプリントであれば、安価な再生紙で十分その目的を達する事が出来るでしょう。ただ前述の様にグレードの低い非加工のコピー用紙は水や湿気に弱く、十分に用紙を乾燥させないとプリントしたての文字や図が滲んでしまい易いデメリットも。乾きが早いレーザープリンタなら問題はありませんが、プライベートのインクジェットプリンタを利用する場合、プリント後の十分な用紙乾燥が必須です。ただ用紙が低コストな分ある程度のプリント失敗は許せる範囲でしょうか。

美しい画質で勝負したいアート系の印刷は是非加工紙で

新規ポスター案のプレゼンやプライベートでの撮影写真や絵画の出力・展示等、その画質で勝負を掛けたい場合、データの色彩を忠実に表現出来る専門の加工紙にプリントした方が明らかに有利です。ただ一般のオフィスに導入されているレーザープリンタの多くは加工紙のプリントには対応していないケースも多く、これを生業にして仕事をしてゆく場合、出来るだけハイグレードのインクジェットプリンタを導入するのが望ましいでしょう。一般のプリントと比較すれば用紙も含めコストの上昇は否めません。が、わざわざプリントだけを外注に出したり外部のプリンタを利用するといった手間を考えれば、有力な選択肢となる筈です。

コピー用紙とは、コピーをする際に用いられる紙のことをいうのです。サイズがA5やA4、B4など様々なものがあります。